肌の乾燥の原因

美容関連情報

肌の潤いは保湿成分があるから!

肌が潤っているとよく言いますが、それはどんな状態のことなのでしょうか?

 

健康な肌ならば、角質層に約30%の水分が含まれているといわれます。この角質層に含まれている水分の量が、30%以下になった状態が乾燥肌です。

 

空気が乾燥する冬になると、お肌が乾燥してきます。でも不思議なことに、からからに乾いた砂漠でも、人の肌の水分はまったくなくなることはありません。人間の肌には水分をしっかりキープするしくみがあるから、お肌の水分がなくなることはないのです。

 

お肌の水分をしっかりキープする構造とは、お肌に蓄えられている保湿成分です。保湿成分があるからお肌が乾燥しないで潤い続けることが出来るのです。

 

詳細はこちら ヒフミドトライアルセット

お肌の潤いをキープする保湿成分とは

お肌が乾燥しないで潤っていられるのは保湿成分がしっかりと水分をキープしているからです。

 

では、保湿成分とはどのようなものなのでしょうか?

 

保湿成分にはいろいろありますが、一番重要な保湿成分はセラミドです。

 

セラミドは角質細胞間脂質と呼ばれるものの一種です。角質細胞間脂質というのは、角質細胞の間にある脂質です。角質細胞どうしをつなぎ合わせていますが、この角質細胞間脂質の40%がセラミドです。

 

お肌の潤いはセラミドなどの角質細胞間脂質によってキープされています。

 

角質細胞間物質は、セラミドのほかにヒアルロン酸やコラーゲンがありますが、水分をキープする能力はセラミドが一番高いです。

 

だから、セラミド配合の化粧品でしっかりスキンケアをすることで、乾燥肌対策が効果的にできるのです。

 

セラミド配合の化粧品はこちら  【小林製薬】ヒフミドトライアルセット

 

 

 

 

小林製薬ヒフミドトライアルセット!送料無料

 

 

セラミド配合の化粧品にはいろいろあります。美容液や保湿クリーム、化粧水などなど。セラミドの効果は良く知られていますが、どのようにセラミドを補給すればよいのでしょうか。サプリや食品ではセラミドは補給することが難しいのが現実です。なぜなら食品で取り込んでも体の中で分解され再びセラミドに合成するとき、合成できる量が決まっているからです。材料をいくら補給しても合成できなければ意味がありません。だからセラミドを直接補給することが必要になります。小林製薬のヒフミドや米ぬかのセラミドを原料にしたセラクレア、DHCや花王、ファンケル、資生堂、オルビス、富士フィルムの化粧品などいろいろな製品が出ています。セラミドにはセラミド1、セラミド2、セラミド3などの種類があって同じセラミド配合の化粧品でも種類や濃度に注意する必要があります。天然セラミドやヒトセラミドなどとして商品を宣伝しているものもありますね。最近、皮膚科の医師の吉木伸子さんがセラミドの必要性を説明しているのでだいぶ認知されるようになって来ました。そのためかセラミドの口コミの評判を当てにして、ナノセラミド構造だとかいろいろな化粧品が登場していますね。セラミドにはスキンケアに無くてはならないものとなりつつあります。セラミドを配合成分としている化粧品がいろいろ販売されていますが、どれを選んでよいのか迷いますよね。セラミドの原液や馬湯などいろいろです。皆さんはセラミド配合化粧品の中から実際に効果があるものを選んでくださいね。副作用がある偽物は決して手にしないように!
| yahoo | google |